位置情報ブログ

位置情報(特に屋内測位)、空間情報科学についての情報をまとめます。ふつうのブログはこちら→ http://yumulog.hatenablog.com/

1行もコードを書かずにiBeaconで遊んでみる

この記事は、iBeacon Advent Calendar 2013 の1日目です。

どうも、@ です。フリーランスエンジニアです。つい先日まで、PlaceEngine というWi-Fi測位技術を開発する Koozyt という会社で働いていており、iBeaconをはじめとする屋内測位技術に興味があります。ただ、まだこれから広まっていく段階ということもあり、まだ情報があまりように思われます。ということで、iBaecon Advent Calendar を立ち上げてみました。

立ち上げた責任を持って1日目の記事を投稿します。

iBeacon とは

iBeacon とは、Bluetooth Low Energy(BLE) を用いた、iOS での近距離無線測位の仕組みです。Bluetooth の電場強度の情報を使って、数m単位でのざっくりとした位置を測定することができます。

というのが超概要の説明で、詳細は、 以下のブログが完璧すぎるくらいまとまってるので、こちらも

コードを書かずにiBeaconで遊んでみる

本当はサンプルコードの一つでも書こうかと思っていたのですが、時間的余裕がなかったのと(反省。。。)、これまた iBeaconの解説 - Reinforce-Lab.'s Blog に素晴らしいサンプルコードが公開されています。そこで、方針を変えて、コードを書かずに、というかXcodeも立ち上げずに、iBeacon を触ってみる方法を紹介します。

Estimote Virtual Beacon という iOS アプリを使って、iBeacon を試してみます。

Estimote は、Bluetooth のビーコンを発信する iBeacon 互換のデバイスで、夏から pre-order を受け付け、先日配送がはじまりました。

Estimote Virtual Beacon を使えば、Estimote ビーコンの検出デモに加え、Estimote のエミュレータ機能も備えているので、Estimote の実機がなくても、iOS7 デバイスが2つあれば、iBeacon の発信と検出を試すことができます。

まず、発信側の設定。 アプリを立ち上げ、Beacons を選択

Turn this device into a beacon を選択

Estimote を模した画面が表示されればOK

検出側の端末でも同じくアプリを立ち上げ。 まずは Beacon をタップ。レーダー画面に、先ほど立ち上げた Virtual Beacon のデバイスのアイコンが見えます。 デバイスのアイコンをタップすると、UUIDや信号強度などの詳細情報が見れます。

トップに戻り、Distance Demo をタップ、先ほどと同じくレーダー画面でデバイスのアイコンを選択。 すると、デバイス間の距離を示すデモが開始します。デバイスを手に持って動いたりして、測位精度を把握することができます。

トップに戻り、次は、Proximity をタップ、またレーダー画面でデバイスのアイコンを選択。 ビーコン発信端末のすぐそば(店内の特定の棚みたいなのを想定しているのだと思う)にいるかどうかで表示画面が変わる、近接検知のデモ。

トップに戻り、最後に、Notification をタップ、レーダー画面でデバイスのアイコンを選択。

「20m 離れろ」と書いてあるので、離れます。ふつうのお家だと、20m離れるためには屋外に出ることになります。離れると画面が変わり、再び近づくとクーポン風の画面が表示されるという、お店への来店検知デモです。*1

という感じで、Estimote のデモアプリを使うだけでも、動作の概要と精度の感覚を掴むことができます。Estimote SDK は、このデモアプリも含めてソースコードが公開されているので、このデモの動作を踏まえて開発の参考にできると思います。

最後に。Advent Calendar 参加者まだまだ募集中なので、登録よろしくお願いします!

*1:API Document http://estimote.com/api/tutorials/notification.html に書かれているデモと違うっぽい?

Macy’sがiBeacon採用

うーん、やっぱりこういうのはアメリカが先行しそう。

今回のMacy’sの施策では、ビーコンと呼ばれる発信機の提供をShopKickが行います。ShopKickはアメリカで最も先行しているO2O施策を行っているベンチャーです。

AutoNavi(高徳)、Alibaba(阿里巴巴)とともに位置情報サービスのクラウドプラットフォームをローンチ

ふむー。

AutoNavi(高徳)は先日、今年初めに同社の28%の株式に2億9,400万米ドルを出資したAlibabaとともに、LBSクラウド戦略を発表した。AutoNaviのLBSクラウドプラットフォームとAlibabaのクラウドプラットフォームが互いに統合された。

アプリックス、iOS「iBeacon」もサポートした小型モジュール

最小モジュールで1個315円から。やっすいな〜。

 アプリックスは、iOS 7の「iBeacon」やAndroidからの利用に対応したBeaconモジュールを開発し、提供を開始した。基板タイプの価格は1個315円。

 今回提供されるBeaconモジュールは、位置情報サービスや店舗での情報管理、クーポン発行やポイント付与などに利用できる無線通信タグ。小指の先ほどの大きさという基板タイプのモジュール単体(315円)での提供のほか、10年間動作するという乾電池内蔵タイプ、薄型で壁などに貼り付けられるボタン電池内蔵タイプがそれぞれ500円程度で提供される。また、モジュールを10個セットにした試作開発キットは1万500円で提供される。Android端末向けの開発キット(SDK)は無償で提供される予定。

位置情報ブログを立ちあげました

位置情報に関するニュースを投稿していきます

なんでつくったの?

もともと、会社 (Koozyt) にいたときに、位置情報関連のニュースを見つけたら社内のメーリングリストに投げつけるということを、習慣的に(慣れた頃にはもうほぼ無意識に)やってました。 会社辞めて、投げる先が無くなって、このまま習慣がなくなるのはもったいないと思い、投げる先をつくりました。

どういうブログ?

といったブログの位置情報版を目指します。

なんではてなブログ

tumblr でも Wordpress でもよかったのですが、はてなブログは個人ブログで使用していて使い慣れているので。

*1:本編(?)じゃなくて、Topics の方

マピオン、印刷博物館で屋内測位・ナビゲーションを提供

マピオン、印刷博物館で屋内測位・ナビゲーションを提供 - ケータイ Watch http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20131021_620291.html

マピオンは、東京都文京区にある「印刷博物館」で、館内のナビゲーションが行える屋内測位サービスのテスト提供を10月22日に開始する。これにあたり、日本初となるカナダのWifarerの技術・サービスを導入する。